お風呂ダイエット

お風呂ダイエットについて

お風呂に入ることでダイエット効果を得るという、お風呂ダイエットを実践している人は少なくありません。
まとまった時間お風呂に入ることによって、新陳代謝の高い体質になり、脂肪を燃やしやすくなるようにするダイエットです。

 

お風呂に入る時間がなく、仕事から帰ってきたら食事と最低限のことをしてすぐに布団に入ってしまうという方もいます。
湯船にはつからずにシャワーだけで済ませてしまうと言う人も多いはずです。貴重な入浴時間を短く済ませてしまわず、温かい湯にじっくりとつかることがポイントです。

 

ダイエット効果だけでなく、肩こりや腰痛緩和、冷え性の改善にも役立ちます。緊張をゆるめ、一日の疲れを流し去る時間がお風呂の時間です。お風呂ダイエットでは、速やかに脂肪を燃焼させやすい体質になることが重視されます。
お風呂で体を温かくすることによって血液の巡りがよくなり、代謝が促進されて老廃物の排出も向上し、むくみのない体になることが可能です。

 

知らない人も多いと思いますが、お風呂ダイエットは、甘いものが食べたい、脂っこいものが食べたいという食欲を抑える効果もあるそうです。ダイエットでは、食欲をどう抑制するかが難しい問題です。食事を減らす生活が続かないためにダイエットができなかったという人もいます。

 

健康的にやせることの出来るお風呂ダイエットを試してみる価値は十分にあります。

お風呂ダイエットが効果的な理由

なぜ、お風呂ダイエットをすると体重を減らすことが可能なのでしょう。
長めの湯につかることで体が温かくなり、代謝がアップしたり、血液が流れやすくなって、脂肪を燃焼させやすくなります。
ダイエットがスムーズに進むように、お湯に浸かったり出たりをすることで交感神経の働きを向上させることができるとされています。

 

通常脂肪燃焼を促す為には、一定時間、運動などをするしかありません。お風呂ダイエットでは、湯への出入りを何度か行うことで、脂肪を燃やそうとします。
さらに湯船の中で身体を軽く動かすことによって、運動しているのと同じような脂肪燃焼効果が得られるわけです。
体内にいつまでも残っていた老廃物や有害な成分が、お風呂に入ってじっくり汗を長くすことによって体外に排出されるという利点もあります。

 

お風呂ダイエットに関心を持つ人が多いのは、お風呂に入ることでデトックスの効果が得られるという点にもあります。
お風呂は、デトックス効果がうることがよく知られています。身体の毒素というのは、食生活や生活環境によって体に溜まるものです。
毒素は溜まると燃えない脂肪となり、体に定着してしまいます。

 

体脂肪が増加すると、せっせとダイエットをしたところで効果が今一つという体質になってしまいますので、早めに対策を打つことが重要になります。
お風呂ダイエットというのは、痩せる効果だけでなく身体の毒素も排出する事ができる健康的なダイエット方法なのです。

お風呂ダイエットの方法

お風呂ダイエットのやり方とは、どういったものでしょう。
疲れている時や、体の調子が良くない時は、お風呂ダイエットはすべきではありません。42〜43度の熱めの湯に入ることになるためです。
急に42℃の湯に体を入れると負担が大きいので、最初はお湯を体にかけます。かけ湯をした後、1回目の入浴をします。

 

最初の入浴は3分から5分で済ませます。体が湯の温度に慣れたら、手を軽く回すなどの運動をしてみてください。
お風呂の中で座った状態で、上半身を左右に回したりなど、軽く体を動かします。

 

3分〜5分が経過したら、5分ほど浴槽から出ます。体を冷ましつつ、このタイミングで体を洗ったり、洗髪を行います。

 

2度目に浴槽に入ってからも、一度目と同じように簡単なエクササイズをして体に刺激を与えます。
二度目の入浴も3〜5分で済ませ、5分休憩します。

 

それからまた湯に入ります。この時は、湯温を高めにしても問題はないといいます。体が火照りすぎるなどの場合は水を足して38度ほどの温度にして、半身浴に変えてもダイエット効果は変わりません。

 

要領を覚えるまでは、お風呂ダイエットでのぼせてしまう人もいるようです。体の状態とよく相談しながら方法を決定してください。お風呂ダイエットでは水分が失われるので、しっかり水分補給をすることを忘れてはなりません。